修理? 交換? 車の窓ガラスが割れたときの対処法

修理? 交換? 車の窓ガラスが割れたときの対処法
車の窓ガラスはとても硬くて丈夫です。フロントガラスは2枚のガラスを合わせた構造、そのほかの部分のガラスは強化ガラスになっているので、少しの衝撃で割れることはほとんどありません。
しかしスピードを出して走行しているときに小石などが窓にぶつかると、衝撃でヒビや割れが起きることもあります。
今回は車の窓ガラスが割れる原因と割れたときの対処法についてご紹介いたします。

車の窓ガラスは割れにくい?

車のフロントガラスは2枚のガラスを使った合わせガラスです。
そして、フロントガラス以外のサイドガラスやリヤガラスはすべて強化ガラスになっています。
こういったガラスは衝撃に強く、少し叩いたぐらいでは割れません。
車はときに風雨や強い紫外線にさらされることがありますが、こういったダメージでもガラスの劣化は起きにくいものです。

車の窓ガラスが割れる原因とは?

フロントガラスは、2枚のガラスの間に特殊フィルムの中間層を設ける構造になっています。
窓ガラスに衝撃が加わると、この中間層のフィルムが衝撃を吸収してくれるのです。
万一の事故のときには、フロントガラスに歩行者や運転者がぶつかることもあります。
もしも窓ガラスが衝撃を吸収しにくいものだった場合、事故のときに大怪我につながりやすいのです。

しかし、衝撃をある程度吸収してくれるガラスならば、ガラスに割れが起きる代わりに衝突の被害を最小限に抑えることができます。
安全性が高いぶん、窓ガラスに鋭いものがあたったときには割れも起きやすいのです。

窓ガラスの割れが小さいときの対処法

何かがぶつかった衝撃でガラスが割れた場合、放置するとヒビが大きくなったり運転に支障が出たりすることもあります。
割れた窓ガラスはできるだけ早く修復しておきましょう。
500円玉程度の大きさの割れならば、窓ガラスを交換せずに修理ができることも多いものです。
割れた部分に専用の溶剤を浸透させるウインドリペアをすれば、割れた部分をカバーできます。
ただし、割れの状態によってはガラス交換が必要になることもあります。

窓ガラスが大きく割れたときの対処法

車の窓ガラスに大きな破損が起きたときには、ガラスごと交換しなければなりません。
窓が割れたときには車を購入したメーカーや修理を請け負っているお店などで相談してみましょう。
一般的には新しいガラスに交換するのですが、お店によっては中古の窓ガラスを使うことができます。
窓ガラスの修理にお金がかけられないという方は、こういった選択肢も視野に入れておきたいですね。
加入している自動車保険によっては、割れた窓ガラスの修理を全額保証してくれることもあります。
窓が割れたときには、保険会社にも相談するのがおすすめです。   窓ガラスが大きく割れたときの対処法</
  車の窓ガラスは丈夫なものですが、強い衝撃によって割れてしまう可能性も考えられます。
窓が割れてしまったときには放置せず、早急に修理したいですね。
割れの大きさによって修理にかかる日数や金額は大きく変わるので、こういった点を修理前に確認しておけば安心です。


ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP