スマホの液晶ガラスが割れた時の対処法

スマホの液晶ガラスが割れた時の対処法 スマホの故障や不具合で最も多いのが、「ディスプレイの液晶ガラスが割れてしまった」というものです。
スマホの表面はガラス製のため、落としたりぶつけたりすれば割れてしまいます。液晶ガラスが割れたとき、「少しヒビが入っただけだから」とか「スマホの操作に支障がないから」「修理に出す時間がないから」などと、放置していませんか?
スマホの液晶ガラスの割れを放置したらどのようなことが起こるのか、正しい対処法と合わせて解説いたします。


液晶ガラスの割れを放置するとどうなる? 

液晶ガラスによるケガの危険

スマホの液晶ガラスが割れた状態は、ガラスに亀裂が入っているということです。ヒビが入っているだけだからと高を括らないようにしましょう。液晶ガラスが割れた際は、表面に微粒のガラス破片が付着していることが多く、操作しているうちに指に破片が刺さる可能性があります。実際に、液晶ガラス片によるケガは多発しており、皮膚の中に入って抜けなくなるケースもあるようです。
また、割れた状態で使用を続けていると、気付かないうちに細かいガラス片が机や床に落ちる可能性もあり、危険です。

内部故障の原因に

液晶ガラスの割れを放置しておくと、内部の他のパーツに不具合が波及するケースが多いです。スマホには故障を防ぐために防水機能や防塵機能が備わっていますが、ディスプレイが割れることで隙間から水滴や粉塵が入り込んでしまったり、ガラス片が入り込んでしまったりします。
その結果、内部の故障につながり、画面が映らなくなったり、タッチ操作が不可能となったり、起動できなくなったり、最悪の場合にはデータ消去やスマホの発火につながる恐れもあります。


液晶ガラスが割れたらすぐに修理へ


液晶ガラスの割れは修理できますが、消えてしまったデータの復元はできないので、内部の故障が起きる前に、修理に出すようにしましょう。
液晶ガラスが割れてしまった時の修理は、メーカーやキャリアなど、販売元によって修理窓口が設置されています。保証対象になっている端末でしたら、無償対応で修理できるケースもありますので、問い合わせをしてみましょう。また、代理店や総務省登録を受けた修理店での修理も可能です。修理に持ち込む前にしっかりとバックアップを行いましょう!

いまや、スマホを手放せない生活が日常となっており液晶ガラスの割れはいつ起こっても不思議ではありません。ガラス保護フィルムや耐衝撃ケースの活用、また、ガラスコーティングなどを施しておくと、液晶ガラスの割れ防止につながるので、検討されてみてはいかがでしょうか。


ガラスに関するご相談はお気軽にお問合せください。