窓ガラスの破損! 保険が適用されるケースとは?

窓ガラスの破損! 保険が適用されるケースとは? もし、家の窓ガラスが割れてしまったら、自費で修理するという方が多いのではないでしょうか。予期せぬことで窓ガラスが割れた場合、火災保険の適用対象になるかもしれません。どんなケースで窓ガラスに保険が適用されるのか、保険の申請の仕方とあわせて紹介します。

窓ガラス破損に火災保険が適用されるケース

多くの火災保険では窓ガラスが破損した場合、それが故意によるものでなければ補償の対象となります。
加入プランや付帯サービスによって、内容が異なりますが、保険料をきちんと納めているのですから補償をうけた方がよいでしょう。 では、どんなケースで保険が適用されるのかご紹介します。

風災補償

台風や突風、木枯らしなどの強い風によって建物や家財に損害があった場合、風災補償が適用されます。
「台風の風圧で窓ガラスが割れた」、「強風及び、突風による飛来物で窓ガラスにひびが入った」など、風が原因で窓ガラスが破損した場合も補償の対象になります。

盗難補償

「泥棒に窓を割られた」など、盗難の際に壊されたドアや窓ガラス、または盗まれた家財は盗難補償によって補償されます。
このサービスは火災保険の中で保険金の支払件数がもっとも多いので、万が一のためにも付帯しておくことをおすすめします。

不測かつ突発的な事故(破損・汚損)補償

保険で補償されるのは災害や盗難だけではありません。
日常生活の中で「不測かつ突発的な事故」で窓ガラスが破損した場合、事故という結果を予測することが不可能だったとして、保険適用の対象となります。

具体的な例をあげると
・タンスを動かしていてバランスを崩し、窓ガラスにぶつけて割れてしまった
・子どもが遊んでいて、誤って窓ガラスを割ってしまった
・熱割れにより窓ガラスにひびが入った

などの「自然災害を除く偶発的な事故」が該当します。
ただし、この不測かつ突発的な事故(破損・汚損)補償は保険によっては付帯していない場合もあるので、保険証券で確認しておくとよいでしょう。

火災保険が適用されないケースとは

火災保険の補償は全ての家や家財の被害に適用される訳ではありません。
以下のようなケースは補償外となるので注意が必要です。

・差し押さえなどの公権力の行使による家財の事故
・被保険者の親族が故意に起こした事故
・家財の修理、加工による過失等の損害

ほかにも保険適用外となるケースがあるので、保険会社や保険代理店に問い合わせてみてください。

保険の手続きとは

窓ガラスの破損で保険の補償を受ける場合、次の手順で請求しましょう。

1.破損状況について保険会社や保険代理店へ連絡を入れます。
2.保険会社が補償の対象であると判断したら、指示された書類を用意し、保険会社や保険代理店へ提出しましょう。
このとき、修理費用の見積もりや家財の写真等も必要に応じて提出します。
3.保険会社が書類を審査し、不備がなければ指定の口座に保険金が入金されます。   ガラステーブルを上手に選んでインテリアを楽しむ
  窓ガラスが割れたら、多くの場合で火災保険が適用されます。
自分が加入した保険の付帯サービスを確認してみてください。


ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP