鏡の拭きムラが気になる! 鏡がピカピカになる掃除方法

鏡の拭きムラが気になる! 鏡がピカピカになる掃除方法 洗面所、浴室、玄関、そしてドレッサーやクローゼットなど、家の中には鏡がさまざまな場所にあります。いっぽうで、鏡掃除はついつい後回しになってしまいがちで、気づかないうちに少しずつ付着する汚れや、掃除をした後の拭きムラの残りなど、気になりながらも、そのまま使用しているケースも多いのではないでしょうか。
そこで今回は、拭きムラなくピカピカになる鏡掃除の方法を紹介いたします。


鏡掃除には、拭きムラ無縁のマイクロファイバークロス

鏡掃除におすすめなのは、「マイクロファイバークロス」です。細かい目の合成繊維でできているのでムラなく拭き取ることができ、タオル地の雑巾による糸の繊維も残りません。気づいた時にササっと乾拭きするだけでも汚れが取れ、100円ショップなどで手に入れることができるので、汚れても気楽に交換することができます。

頑固な皮脂汚れには中性洗剤を含ませて

蓄積した汚れや頑固な汚れの際には、マイクロファイバークロスなどの布やスポンジに中性洗剤を含ませて使用する方法が効果的です。
洗面器1杯の水に食器洗い用などの中性洗剤を2~3滴入れ、布などを浸し、硬めに絞ります。円を描くようにクルクルと鏡の表面を拭いて汚れを落としたあと、水でよくすすいで同様に水拭きをします。最後に乾いたマイクロファイバークロスで水分を拭き取ります。

鏡の拭きムラにはアルコールスプレーも有効

アルコールには揮発性があるため、拭きムラになりにくい特徴があります。そのため、汚れの飛び散りなどをこまめに掃除する際には、アルコールスプレーをワンプッシュして、サッと乾拭きすることで、拭きムラが起こらず綺麗な仕上がりになります。汚れを見つけたらシュッとかけてサッと拭くことを習慣にしてしまえば、拭きムラのないピカピカの鏡を維持することができますね。

浴室の鏡にはクエン酸

浴室の鏡にウロコ状の水垢が付いてしまった時には、クエン酸を使ってまずは水垢をとりましょう。ウロコ状の汚れは、水道水に含まれるミネラル分が結晶となって鏡にこびりついたものです。そのため、クエン酸によって中和させることで、汚れを落としやすくなります。
やり方は、鏡にクエン酸をスプレーし、半日ほど置いて汚れを浮かせてから水で洗い流します。その後、タオルや水切りワイパーなどで水滴を取っておきましょう。 拭きムラのない鏡の掃除方法について紹介いたしました。
鏡は、自分や家族の姿を映すもの。見出しなみを直すのと同様、鏡は常にピカピカにしておきたいものですね。


ガラスに関するご相談はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP