ブラインドとカーテン、それぞれのメリットとは

ブラインドとカーテン、それぞれのメリットとは引っ越しやリフォームなどのときにどんなインテリアを取り入れるかと考えるのは楽しいものですよね。
窓は室内でもかなり大きな面積を占めるものなので、ブラインドやカーテンの雰囲気で室内のイメージも大きく変わります。
最適なブラインドやカーテンを取り入れ、ステキな空間を演出しましょう。
この記事では、窓周りに設置するブラインドとカーテン、それぞれのメリットについて解説いたします。

ブラインドを設置するメリット3つ

1. 見た目がスタイリッシュ

ブラインドの良さはなんといっても、スッキリとしたスタイリッシュな見た目にあります。
ブラインドを設置すれば、シンプルで洗練された室内空間に仕上がるものです。
素材や色合いにこだわれば、洋室だけでなく和室やアジアンテイストの部屋にもぴったり合いますよ。
お部屋の印象に合わせて、理想的なブラインドを選んでみましょう。

2. プライバシーを守れる

隣の家との距離が近い場合や窓が道路に面している場合には、プライバシーが心配になることもあると思います。
ブラインドを設置すれば、屋外からの視線を遮ることができ便利です。
スラット(ブラインドの羽部分)を閉じてしまえば外から見える心配がないので、気兼ねなくくつろぎの時間を過ごせますよ。

3. 採光や風通しをコントロールできる

ブラインドのスラットは、傾き方を変えることで光の入り方を細かく調整することができます。
スラットの角度を調整し、採光や風通しを上手に確保してみましょう。
屋外からの光を完全に遮りたいのなら、コード穴が小さいブラインドを選ぶとよいでしょう。

カーテンを導入するメリット3つ

1. 手軽に使える

カーテンはブラインドに比べて安く購入できることがほとんどです。
一般的にその耐久年数は10年以上といわれており、一度設置すれば長く使えるのが嬉しいですね。
カーテンの柄に飽きたときには、別のカーテンを購入して取りつければイメージを一新できます。

2. お手入れが簡単

汚れたときに取り外して丸洗いできるのも、カーテンの良さといえるでしょう。
洗濯したあとのカーテンは屋外に干すのも気持ちがいいですが、脱水を終えた状態で吊っておけば自然に乾きます。

3. 機能性が高いものも多い

機能性の高いカーテンを導入すれば、より快適に過ごすことができます。
近年では断熱効果や紫外線カット効果をもつカーテンが多く販売されています。
遮音性の高い生地のカーテンを選べば外の音を遮ることができ快適ですね。
屋外の光を遮ることができる遮光カーテンを取り入れるのも便利です。  リフォーム前にショールームをチェックしよう
 窓周りに取りつけるカーテンとブラインドには、それぞれに良さがあります。
設置するアイテムによって窓辺の印象は大きく変わるものです。
ブラインドとカーテンそれぞれの機能性やデザイン性、価格などさまざまな点をチェックし、最適なアイテムを選んでステキなお部屋作りをしてみてくださいね。


ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP