ポリカーボネートの特徴 他のプラスチックとの違いは?

私たちの身近なさまざまものに使われている「ポリカーボネート」。最近では、スマホケースのハードタイプの大半はポリカーボネート製です。強度や加工のしやすさなどとても優れた材質で、表示では「PC」や「ポリカ」と記されています。
ポリカーボネートはプラスチックの一種ですが、その素材の特性は突出して優れているので、製品を選ぶ際にどんな素材なのか知っておくときっと役立つことでしょう。
そこで今回は、ポリカーボネートとはどんな素材なのか? その特徴について解説いたします。


ポリカーボネートとは? 

ポリカーボネート(polycarbonate)は、熱可塑性のプラスチックの一種で、アクリル樹脂などと共に有機ガラスとも呼ばれます。
プラスチックの一種と言うと、熱に弱く割れやすいイメージを持たれるかと思いますが、ポリカーボネートは、熱に強く、強度が高いため、プラスチックでありながらプラスチックとはまるで別ものだと認識してもよいほどです。
現在、ポリカーボネートが使われているものの一例は、食器や哺乳瓶、メガネやゴーグル、CDやカメラ、ヘルメットやスーツケース、テラスの屋根や高速鉄道線路の防音壁、
新幹線の窓や特殊部隊の防弾バイザーなど、身近なものから、軍事用品までさまざまなものに活用されています。


ポリカーボネートの特徴

1.耐熱性が高い
一般的にプラスチックは火に弱くアクリルも同様ですが、ポリカーボネートは、上は約130度、下はマイナス100度までの耐熱性があるのが特徴です。そのため、ポリカーボネート性の食器類は電子レンジや食器洗浄機の使用も可能となっていますし、雪かきのスコップなどにも使用されています。
また難燃性も高く、一般的なプラスチックよりも燃焼する速さが遅いのも特徴です。

2.強度が高い
ポリカーボネートは耐衝撃性が高く、ぞうが乗っても割れないと言われているほどです。
その強さは、なんとポリエチレンやアクリルと比較して50倍、ガラスの250倍だと言います。

3.透明度が高い
ポリカーボネートの透明度は、アクリル樹脂ほどではないものの非常に高く、カメラレンズにも使用されているほどです。

4.紫外線に強い
一般的なプラスチックは紫外線によって脱色したり強度が落ちたりしますが、ポリカーボネートは紫外線による劣化が少なく、屋外で使用する製品にも適しています。

5.加工性が高い
強度の高さを備えながらも、一般的なプラスチック同様、加工性に優れており精密な成型も可能です。また、気温や湿度によって素材が膨張するなどの変形がおきにくく、プラスチックネジにも使用されています。

6.軽くて安い
ポリカーボネートは丈夫でありながら軽いため扱いやすく、値段も特別高くはないので、幅広く活用しやすいのも特徴です。

7.引張強度が低い
ポリカーボネートは、引張強度には弱いと言われており、強く引っ張ると白化して透明感が低くなりますので、取り扱い時に注意しましょう。

8.薬品耐久性が低い
接着剤や漂白剤、アルカリ性の洗剤などの薬品には弱いので、ポリカーボネートへの使用はなるべく避けるようにしましょう。



ポリカーボネートの特徴について紹介いたしました。ポリカーボネートは、プラスチックの一種でありながら非常に優れた性質を持った材質だといえます。最近では3Dプリンターを使用して、簡単にポリカーボネート製のパーツを作成することが出来るようにもなり、今後も幅広い活用に期待できますね。


ガラスに関するご相談はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP