雨戸がないマンションの窓の台風対策

雨戸がないマンションの窓の台風対策マンションにお住まいの方は、窓の台風対策をどのようにされているでしょうか?
マンションには窓に雨戸がないことが多いため、強風で飛来物が当たった際に窓が割れてしまう恐れがあるのです。
それを防ぐために、強化ガラスを設置しているマンションも多いですが、家庭で実行できる台風対策を併用すると安心でしょう。
今回は、雨戸のないマンションの窓における台風対策についてご紹介します。

マンションの窓を台風から守る方法

窓の内側から養生テープを貼る

台風による強風で飛散物が飛んできた際、窓ガラスが割れるのを防いでくれるのが養生テープです。
このようなアイテムはホームセンターや100円ショップなど身近な場所で購入することができます。ガムテープでも代用できますが、はがす際にテープ跡が残りやすいので注意が必要です。
使用方法は、窓ガラスの内側からバツ印になるように貼り付けるだけなので手軽に実行できます。

窓ガラス専用フィルムや段ボールで補強する

万が一、台風の影響で窓ガラスが割れても室内にガラスが飛び散らないようにする対策も心得ておきましょう。
窓ガラス専用の「飛散防止フィルム」をあらかじめ貼っておくと、外出中に台風がきても安心です。
また、段ボールを窓ガラスの内側にはめ込み、テープで補強することで飛散防止フィルムと同様の効果を得ることができます。

ベランダにある物は室内に片づける

台風による住宅への被害の中で多く見受けられるのが、強風で植木鉢や物干し竿などが窓ガラスにぶつかる事例です。
このようなトラブルは、自宅だけでなく近隣宅への被害を及ぼしかねません。
台風が近づいてきたら、ベランダにある物はすべて室内へ片づけるようにしましょう。

マンションの窓ガラスはリフォームしていいの?

戸建ての持ち家の場合、窓ガラスやサッシの修理・リフォームは個人の意向で自由に行うことができますが、分譲マンションの場合は一定の制限があります。 分譲マンションでは、住戸の窓ガラス・サッシ・玄関ドアなどは「共用部分」に指定されています。
「共用部分」はマンション全体の外観や性能に影響があるため、自由にリフォームすることができないのです。
ただし、法改正によって平成16年からは防音や防災、断熱などの性能の高める目的でのガラス交換は認められるようになりました。
台風対策のため、現状より強度の高い窓ガラスに交換したいという方は、マンションの管理組合に相談してみてはいかがでしょうか。難しい場合は、プロに相談しよう
昨今、大型の台風が何度も日本に上陸し、大きな被害を及ぼしています。
その影響は戸建て住宅に限らずマンションにも多数及んでいるのです。
「マンションは台風に強い」というイメージを持つ方も少なくありませんが、万が一の事態に備えて家庭で準備できる対策法を心得るようにしましょう。
窓に雨戸のないマンションにお住まいの方は、今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。


ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP