夏の熱中症に注意! 窓辺の温度上昇を防ぐ方法

夏の熱中症に注意! 窓辺の温度上昇を防ぐ方法
暑い夏には、万全の熱中症対策が必要になります。
熱中症というと炎天下の屋外で起こるイメージが強いものですが、自宅の室内で熱中症を発症する人の割合も実はかなり多いのです。
室内で起きる熱中症の大きな原因は熱気や湿気にあります。
熱中症を防いで快適に過ごすためにも、家の窓に着目してみましょう。
この記事では、熱中症を防ぐために室内の窓に施しておきたい対策方法をご紹介いたします。

熱中症対策になるカーテンとは?

カーテンを遮熱効果のあるものに付け替えれば、窓からの熱気を防ぐことができます。
近年では品質の高い遮熱カーテンや遮光カーテンが数多く販売されているので、ぜひ取り入れてみましょう。
ただし、遮光カーテンは窓からの光が入りにくく、室内が暗くなってしまうという難点があります。
室内を明るく保ちたい方は、遮熱効果をもつレースカーテンを使うとよいでしょう。

窓に断熱フィルムを貼るのも効果的

窓辺の気温上昇を防ぐために、窓に断熱フィルムを貼ってみましょう。
断熱フィルムには太陽光線が室内に入り込むのを防いでくれる嬉しい効果があります。
窓にフィルムを貼っておけば、万一窓ガラスが割れたときにガラス片が飛び散りにくくなるというメリットも得られます。
中にはUVカット効果のあるものや、マジックミラーのように使えるものもあるので、お好みのアイテムを選んでみましょう。

オーニングやシェードで熱中症対策

窓の外にオーニングやシェードを設置し、窓辺に日陰を作るという熱中症対策法もあります。 オーニングやシェードというのは、窓の上部に取り付けるテントのようなアイテムです。
設置すれば陽光を遮ることができる上に、雨除けとしても役立ちます。UVカット効果のあるものを取り入れれば、より快適に過ごせますね。

窓の外にグリーンカーテンを作るという方法も

暑さ対策として、窓の外にグリーンカーテンを設置するという方法もおすすめです。
夏の暑い時期にグリーンカーテンの恩恵をうけるためには、春のうちにツル植物をタネや苗から育てる必要があります。
ゴーヤやヘチマ、ミニキュウリや朝顔などの植物を、楽しみながら育ててみましょう。 グリーンカーテンを設置しておけば、夏場に窓を開けても涼しい風が吹き込みやすくなり、快適に過ごせますよ。

すだれを窓辺に取り付けよう

エコと涼しさを両立するために、窓辺にすだれを設置する方も増えています。 すだれは竹や葦を編んだりつないだりして作られたアイテムで、暑さを遮るだけでなく目隠しとしても活用できます。
見た目も風流なので、夏を爽やかに過ごすためにぜひ取り入れてみましょう。暑い日にはすだれに軽く打ち水をすると、より涼しく過ごせます。   業者に頼む際の費用
  東京消防庁の調査では、熱中症の43%は自宅などの住居内で起きているのだそうです。
意外と多い室内での熱中症を防ぐためにも、窓にさまざまな工夫を施してみましょう。
窓辺の温度上昇を防ぐ対策をしておけば、エアコンを使うときに冷房効率を高めることもでき、より快適に過ごせるはずです。


ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP