快適空間を作る! 水まわりリフォームのポイント

トイレキッチンお風呂洗面

快適空間を作る! 水まわりリフォームのポイント
キッチンやお風呂、トイレや洗面台といった水まわりは、水を使う場所だからこそ老朽化も進みやすいものです。
こまめにお手入れをすればある程度は長く使えますが、老朽化が進んでいる場合にはリフォームを検討したいですね。
この記事では水まわりのリフォームのポイントをご紹介いたします。

水まわりを快適空間にするためのコツ

水まわりは湿気が溜まりやすく、劣化するとカビが発生したり、ひび割れが起きたりすることもあります。
リフォームで設備を一新すれば、クリーンで快適な空間を作ることができますよ。
キッチンリフォームをするのなら、IHクッキングヒーターを導入すれば掃除がしやすくなります。
バスルームの場合、水はけがいい床材や寒い時期にもヒンヤリとしない床材を取り入れるとよいでしょう。
トイレを快適な空間にしたいのなら、汚れが付着しにくい便器や掃除しやすいタンクレストイレを取り入れてみましょう。

家族にとっての使いやすさを考える

水まわりのリフォームをするときには、家族がこれから長期間使っていくことを見越しておきたいですね。
これから子どもが生まれる予定があるのならば、一緒に使えるようキッチンやバスルームに広さを確保しておきましょう。
高齢者がいる家庭なら、バリアフリーリフォームをしておけば安心です。
現在だけでなく、将来にわたって快適に使える水まわりにしておきたいですね。

水まわりをまとめてリフォームするのもおすすめ

「そろそろリフォームが必要かな?」と感じたら、水まわりをまとめてリフォームすることも検討しましょう。
リフォーム工事はバラバラにおこなうよりも、まとめたほうが効率的です。一度に工事ができればリフォーム費用を安く抑えることもできます。
特に、バスルームと洗面所、給湯設備はつながっているので一度に工事をするのがおすすめです。
リフォーム会社によっては、まとめてのリフォームを申し込んだ場合に割引を適用してくれることもあるので、ぜひ相談してみましょう。

リフォーム前にショールームをチェックしよう

リフォームにはまとまったお金がかかるため、カタログだけで決めてしまうのではなく実物をきちんとチェックしておきたいですね。
キッチンリフォームならシステムキッチンの前に立って高さや使いやすさを確認しておきます。
バスルームならバスタブに実際に入ってみましょう。
実物をチェックすればリフォームのイメージもわきやすくなります。
ショールームに行くのが難しい場合には、リフォームを申し込む前にイメージ図や立体サンプルなどを用意してもらい、質感をチェックするとよいでしょう。   リフォーム前にショールームをチェックしよう
  水まわりは劣化しやすく、築20年をすぎると土台や床下といった見えない部分の腐食が進んでいることもあります。
水まわりの設備が古くなってきたなと感じたら「まだ使えるから」と思わずに、ぜひリフォームを検討しましょう。
不具合のある箇所を修理し、より使いやすい設備を導入するリフォームをすれば、水まわりを快適に使えるようになります。


水回りでお困りの方はお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP