ウォシュレットの水漏れ、原因と対処方法は?

トイレ水漏れ

ウォシュレットの水漏れ、原因と対処方法は?
ウォシュレット(温水洗浄便座)は、何らかの原因によって水が漏れてしまうことがあります。水が漏れたまま放置していると床材を傷めてしまうだけではなく、マンションなどの場合は階下への漏水などのトラブルに発展してしまうケースもあるため、水漏れ発見時はすぐに対処することが大切です。いざというときに慌てないためにも、水漏れトラブルが起きる主な原因や対処方法を知っておきましょう。



ウォシュレットに水漏れ発生! その原因は?


ウォシュレットから水が漏れているとき、まずは水漏れしている場所を探ってみましょう。
どこから水漏れしているかを確認することで、おおよその原因を特定することができます。


ノズルから水が出続けている場合

ウォシュレットのノズルから水が出ていて、ボタンを押しても止まらない場合は、リモコンの電池が切れている可能性があります。便座の脇にリモコンが設置されているウォシュレットは、コンセントからの電気で動いているので電池切れが起きません。しかしトイレの壁などにリモコンが付いている場合、リモコンの電池が切れてしまうと操作ができなくなるので、水を止められなくなるのです。
もし、リモコンに問題がないのにノズルの水が止まらない場合は、ノズル内の弁が電気系統のトラブルなどによって故障し、正常に動かなくなっている可能性があります。


本体内部や便座脇から水が漏れている

ウォシュレットの本体内部とノズルをつなぐホースに破損が生じると、水が本体内部に漏れ出してしまうことがあります。
また、便座の脇から水が漏れている場合は、水抜きをする栓に異常があるかもしれません。水抜き栓は点検や修理の際に使用する部分で、普段は閉じているのですが、栓に使用されているパッキンが劣化したり傷んだりすると、この破損部分から水が漏れてしまうようになるのです。その他には、バルブユニットが破損しているケースも考えられます。



ウォシュレットの水漏れに気付いたときの対処方法は?


ウォシュレットから水漏れしているときは、被害を拡大させないようにトイレの止水栓を閉めることが重要です。止水栓の場所が分からない場合は水道の元栓を閉めればOKですが、洗面所や台所などの水も止まってしまうので注意してくださいね。
さらに、漏電を防ぐためにウォシュレットの電源プラグも抜いておきましょう。

水漏れの原因がリモコンの電池切れによるものならば、電池を交換すれば水漏れが収まります。電池交換後にノズルがきちんと収納されるか、リモコンを操作して確認しておきましょう。
ウォシュレット本体の異常が原因の場合は、素人が分解や修理をするのはおすすめできません。ウォシュレットは内部構造が複雑で、下手に取り外したり触ってしまったりすると、故障や感電事故が起きる恐れがあるからです。止水栓を閉めて電源プラグを抜いたら、できるだけすみやかにプロの業者へ依頼して見てもらいましょう。


ウォシュレットの水漏れは、状況に応じて業者を頼ろう!


ウォシュレットの水漏れは、状況に応じて業者を頼ろう!ウォシュレットは電子機器のため、取り扱いを間違えると大きな破損や事故につながります。
自分で修理しようとして水道管が破損・浸水したり、漏電による火災などが起きたりする恐れもあるため、安易な自己判断は禁物です。
もし水漏れが起きたときは、まず止水栓と電源プラグを抜き、修理が必要そうであれば早めに業者へ依頼をしましょう。


ウォシュレットの水漏れでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP