トイレタンクに水がたまらない! 原因と対処法

トイレ

トイレタンクに水がたまらない! 原因と対処法「急にトイレタンクに水がたまらなくなった!」という経験はありませんか?
トイレは毎日使うものですから困ってしまいますよね。
このようなとき、専門業者を呼ぶ前にチェックしていただきたいことがあります。原因によってはご自身で修理できる場合も。
今回は、トイレタンクに水がたまらない原因とその対処法をご紹介します。

トイレタンクをチェックする前に

トイレタンクを開けて修理する前に確認していただきたいことがあります。
それは、近所で水道工事をしていないか、またはマンションの定期メンテナンスで断水中ではないかです。
断水しているかどうかを確認するため、まずはキッチンや洗面所の蛇口を開けて水が流れるかチェックしましょう。
問題なく水が流れるようであれば、トイレのトラブルだということがわかりますね。

トイレタンクに水がたまらない原因とその対処法

トイレのトラブルだということがわかったら、水がたまらない原因を調べましょう。
よくある4つの原因と、その対処法をご紹介します。

止水栓の開け忘れ

トイレタンクに水がたまらないというトラブルの原因として最も多いのが、止水栓の開け忘れです。
止水栓とは、タンクと壁をつなぐ給水管や床にある栓のことで、トイレ修理の際やタンク内の掃除の際に栓を閉めて水を止めたり、水の勢いを調整したりする役割があります。
この止水栓が閉まっていると、タンクに水が流れないので確認してみてください。
止水栓の開け方は簡単で、マイナスドライバーがあればOKです。
止水栓の「-」の溝にマイナスドライバーを当てて、反時計回りに回すと開けることができます。

タンク内の浮き球のトラブル

止水栓が開いているのに水がたまらないという場合は、タンク内の浮き球を確認してみてください。
浮き球は、タンク内の水に浮かんでおり、上下することでタンク内の水の量を調整します。
この浮き球が、何かに引っかかり上がったままの状態だと水がたまらなくなります。そのため、引っかかっている場合は元の位置に戻すことで修理完了です。
また、浮き球のトラブルとしてまれに浮き球が破損していることも。この場合は新しいものと取り替える必要があります。
ホームセンターなどで購入できれば自分で取り替えることができます。メーカーをしっかり確認してから購入しましょう。

フィルターの目詰まり

止水栓が開いていて、浮き球にも異常がない場合は、ボールタップのフィルターが目詰まりを起こしている可能性があります。
このフィルターは、サビや砂がタンク内に入り込むのを防ぐ役割があるのですが、長年使い続けるとフィルターが目詰まりを起こして、水が流れにくくなり、タンクに水がたまるのが遅くなるケースも。
この場合はフィルターを掃除すれば解決します。 まず、止水栓を閉めてタンク内の水を抜きます。次に、赤などの色が付いているキャップを手で反時計回りに回し、ボールタップからフィルターを取り外します。
取り外したら、フィルターに付いているゴミを歯ブラシなどで取り除きましょう。フィルターがきれいになったら、再度取り付けて完了です。

ダイヤフラムの劣化

ダイヤフラムとは、ボールタップの中に取り付けられている部品で、水圧をコントロールしています。
このダイヤフラムが劣化すると、タンク内に水がたまらないトラブルの原因になります。
対処法は、ダイヤフラムを新しく交換することです。近くのメーカーショップに在庫があれば、自分で修理することもできます。  鏡の曇り対策5:防曇(ぼうどん)ミラーを取り入れる
 トイレのトラブルは焦ってしまいがちですが、原因がわかればご自身で修理することも可能です。
トイレタンクに水がたまらなくなったら、今回ご紹介した対処法を試してみてくださいね。難しい場合は専門業者に相談しましょう。


水回りでお困りの方はお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP