洗面所のシャワーヘッドは交換できる?

洗面所のシャワーヘッドは交換できる? 洗面所にシャワー水栓があると、洗顔や洗髪、掃除など何かと便利ですよね。いまや洗面所にシャワー水栓が付いているご家庭がほとんどでしょう。 そんなシャワー水栓のヘッド部分にトラブルが起きた場合、自分で交換することはできるのでしょうか? ここでは洗面所のシャワーヘッド交換の方法や注意点をご紹介します。

交換できる洗面所シャワーヘッドの見分け方

洗面所の水栓についているシャワーヘッドには、その部分だけを交換できるものとできないものがあります。 まず、シャワーヘッドだけを分解して取り外せるタイプや補修用の部品が手に入れられるものに関しては、シャワーヘッドのみを交換することが可能です。

一方、シャワーヘッドとホースが一体型になっているもの、交換部品が入手できないものに関しては、シャワーヘッドのみの交換ができません。この場合はホースごと交換するか、水栓そのものをごっそり交換することになります。

洗面所のシャワーヘッドの交換方法は?

交換できるタイプのシャワーヘッドをお使いの場合は、新しいシャワーヘッドさえ用意すれば簡単に交換できます。具体的な交換方法をチェックしてみましょう。

①シャワーヘッドの品番を調べる

新しいシャワーヘッドを用意するためには、シャワーヘッドのメーカー、品番をチェックしましょう。同じメーカー&品番のシャワーヘッドなら、交換も簡単です。また、シャワーヘッドは使用に伴ってパッキンも劣化していきます。購入の際には新しいパッキンも一緒に用意しておきましょう。

②シャワーヘッドの外し方を確認し、外す

シャワーヘッドには「手で回して外せるもの」「止め輪という部品を引き抜いて外せるもの」「ネジを外しすもの」などさまざまな種類があります。参考までに、それぞれの外し方をご紹介しますね。

・手で回して外すタイプ
シャワーヘッドの接続部分のナットを手で回し、シャワーヘッドを引き抜く。

・止め輪を外すタイプ
止め輪の上または下の「切り欠き部分」にマイナスドライバーを差し込み、シャワーヘッドを留めている止め輪を引き抜く。切り欠きがない場合は止め輪の左右から精密ドライバーを差し込んで外す。

・ネジを外すタイプ
シャワーヘッドを固定しているネジをドライバーで外し、ヘッドを引き抜く。

③新しいシャワーヘッドに交換する

シャワーヘッドがいずれかの方法で外せたら、新しいシャワーヘッドを取り付けます。その後、外した時と逆の手順で固定して完成です。

洗面所シャワーヘッドの普段のお手入れ方法

洗面所のシャワーヘッドから水が出にくい、汚れが気になる……という場合は、掃除だけで改善する場合があります。

噴射口はブラシでお手入れをする

シャワーヘッドの噴射口につきやすい垢などの固形の汚れは、蓄積すると詰まりをおこしてしまいます。定期的に歯ブラシや目の細かいブラシでこすり、きれいにしておきましょう。噴射口の掃除は1ヶ月に1回くらいのペースでおこなえばOKです。

なお、詰まりが水垢によるものであれば、クエン酸によるお手入れが有効です。水1リットルに対しクエン酸小さじ2を溶かし、シャワーヘッドを1時間ほど浸け置きします。その後ブラシでこすれば、水垢が落ちて水の通りも良くなりますよ。

カビ汚れには塩素系漂白剤を

シャワーヘッドの汚れを放置するとカビが生えることがあります。このような場合は泡でスプレーできるタイプの塩素系漂白剤が便利です。カビの生えた部分にシュッシュッとスプレーして既定の時間置いておき、流すだけできれいになりますよ。

洗面所のシャワーヘッドには交換できるもの、できないものがあります。ご自宅のシャワーヘッドがどちらのタイプか分からない場合や、自分では交換が難しい場合は、業者に見てもらうことをおすすめします。


水回りのトラブルでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP