慌てず対処しよう! ガラスを踏んだときの対処法について

慌てず対処しよう! ガラスを踏んだときの対処法について家の中でグラスや花瓶を落として割ってしまったときや、砂浜を裸足で歩いているときなどにうっかりガラスを踏んでしまった! という経験のある方は多いのではないでしょうか?

ガラスを踏んでしまったときには、落ち着いて対処することが大切。そこで今回は、ガラスを踏んでしまったときの対処法をご紹介します。


ガラスを踏んだときの応急処置は?

「ガラスを踏んでしまった!」という場合は、まず刺さった場所を確認します。ガラスの破片が抜け落ちている場合は、水洗いしてから清潔なガーゼを当てて強く圧迫し、止血しましょう。
ガラスの破片が刺さったままの状態の場合は、次の方法で応急処置をします。

ガラスが浅く刺さっている

ガラスの破片が浅く刺さっている場合は、清潔なピンセットで取り除き、傷口の血を軽く絞り出します。菌が入り込んでいる可能性があるためです。
その後消毒をしてから、清潔なガーゼで圧迫して止血をします。

ガラスが深く刺さっている

ガラスが皮膚の深い部分まで刺さっている場合は、無理に取ろうとするのはNG。余計に奥に刺さったり、出血が止まらなくなってしまったりすることがあるからです。
この場合は速やかに医療機関を受診しましょう。

細かい破片がたくさん刺さっている

細かい破片がたくさん刺さっている場合は、目視できるガラスをピンセットで取り除きます。ただし奥に入って取れないものは、放っておくと炎症を起こし、痛みが続くことも。
ガラスを踏んで傷が治ったあとも痛みが続く場合は、医療機関で確認してもらいましょう。

医療機関に受診するなら何科に行けばいい?

ガラスが刺さったとき、中に入り込んで取れないときは、皮膚科または外科を受診しましょう。外から見えない部分に入り込んだガラスでも、レントゲン、超音波などを使えば確認できます。


ガラスを踏まないようにするには?

ガラスを踏まないようにするには、日ごろからスリッパを履いたり、海に行くときはサンダルなどで足を守ったりするのも大切です。
また、もしものときのために、救急セットにピンセットやガーゼなどの必要なものを揃えておくとすぐに対処ができます。

ガラスが割れたときは、スリッパを履いて軍手をはめ、ケガをしないように片付けましょう。ガラスの上を歩くと危ないので、あらかじめホウキなどでガラスを集めてから処分をすると安心です。

大きな破片はダンボール箱に入れ、細かい破片は掃除機で吸い取りましょう。サイクロン式の掃除機の場合はガラス片のせいでゴミ受けが傷ついたり、故障の原因になったりする場合がありますので、説明書に沿って使用することをおすすめします。

ちなみに、耐熱ガラスの場合は破片が細かく、広範囲に散らばります。自分が思っているよりも遠くに破片が散らばっていることも多いので、部屋全体に掃除機をかけるようにしましょう!


ガラスを踏んだら落ち着いて対処しよう!

誤ってガラスを踏んでしまったときには、慌てず落ち着いて対処することが大切。また、自分ではどうにもならないと思ったら、迷わず病院に行くのも大切です。

病院では破片の摘出や消毒、痛み止めの処方などもお願いすることができます。「どうすればいいか迷ったら受診する」と覚えておきましょう。


ガラスに関するご相談はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP