ウォシュレットがこわれた? 動かない原因とは

トイレ

ウォシュレットがこわれた? 動かない原因とは「家のトイレについているウォシュレットを使おうとしたら動かなかった」という経験をしたことがある人は、案外多いでしょう。
こわれたのではないかと焦ってしまいますよね。ウォシュレットが動かなくなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
今回は、ウォシュレットが動かない原因について、確認すべきポイントと合わせてご紹介します。

ウォシュレットが動かない原因とは?

ウォシュレットを操作しても動かない場合、次のような原因が考えられます。・コンセントが抜けている、本体の電源スイッチが入っていない
ウォシュレットのコンセントが抜けている場合は、当然ながらウォシュレットが作動しません。
また、製品によっては電源スイッチがついているものもありますが、電源スイッチが入っていなければウォシュレットは動きません。

・リモコンの電源切れ
壁面にリモコンが設置されているタイプのウォシュレットで、リモコンのボタンを押しても反応しない場合は、リモコン自体の電池が切れている可能性が高いです。

・ウォシュレットの設置があまく、便器からズレてしまっている
ウォシュレットが便器とズレてしまっている状態ですと正常に作動しなくなります。

・「漏電保護プラグ」が作動している、漏電ブレーカーが落ちている
停電の直後など、ブレーカーが落ちると、ウォシュレットも動かなくなります。
さらに、ウォシュレットのコンセントについている「漏電保護プラグ」が作動した場合や、漏電ブレーカー(漏電遮断器)が落ちた場合もウォシュレットが作動しなくなります。

ウォシュレットが動かないときにチェックすべきポイントと解決法

ブレーカー(安全ブレーカー、漏電ブレーカー)

ウォシュレットが動かないとき、まずはトイレの照明がつくか確認してみてください。
照明がつかない場合は、ブレーカーが落ちているかもしれません。分電盤をチェックして、安全ブレーカーや漏電ブレーカーが落ちていたら戻してみましょう。
なお、漏電ブレーカーを戻してもすぐに落ちてしまうときは、ウォシュレットや他の電化製品が漏電している可能性があります。
そのような場合はすみやかに電気業者やメーカーに相談しましょう。

コンセント&漏電保護プラグ

ブレーカーに異常がなければ「コンセントは抜けていないか」「漏電保護プラグが作動していないか」をチェックします。
漏電保護プラグが作動している場合は、プラグのリセットボタンを押すとウォシュレットが再び使えるようになります。
リセットボタンの場所が分からない場合は、説明書を見るかメーカーに問い合わせてみましょう。

電源スイッチ、リモコンの電池

「電源スイッチ式の製品の場合、スイッチは入っているか」を確認し、問題がなければ座面のズレをチェックしてみてください。
ズレていたりガタついていたりする場合は、きちんと設置しなおしましょう。
リモコン操作ができない場合は、ウォシュレット本体の操作ボタンが使用できるかどうかも確認します。
本体のボタンが問題なく操作できるようなら、リモコンの電池交換をすることで解決します。

ウォシュレットがこわれた!? と思ったら、あわてず対応しよう

  「CPマーク」とは?
 突然ウォシュレットが動かなくなると、驚いて焦ってしまいますよね。まずはあわてずにトイレの周りをチェックしてみましょう。
どうしても解決できないような場合は早めに専門業者へ相談してくださいね。


水回りでお困りの方はお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP