清潔に保つために! ウォシュレットの掃除方法

清潔に保つために! ウォシュレットの掃除方法 今お使いのウォシュレット、目に見えないところまできちんと掃除できていますか?
毎日使うウォシュレットは、見た目はきれいでも意外と汚れています。
特に本体と便器の隙間やノズル部分などは汚れがたまりやすく、掃除も忘れがちです。
今回は、ウォシュレットの汚れやすいポイントと掃除方法、清潔に保つコツをご紹介します。

ウォシュレットの汚れやすいポイント

ウォシュレットの汚れは、尿などの排せつ物や水垢、カビが主な原因です。
特に、本体と便器が接している隙間は汚れがたまりやすく、掃除するためには本体を取り外さなくてはなりません。
そのため、ウォシュレットを設置して以来掃除をしていないという人も多いのではないでしょうか。
そして、意外と掃除を忘れてしまいがちなのがノズルです。ノズル部分は、普段便器の奥に隠れているため、汚れに気づきにくく放置してしまいがちです。
ノズルが汚れた状態でウォシュレットを使ってしまうと、細菌に感染する可能性があるため清潔に保たなければなりません。

ウォシュレットの基本的な掃除方法

ウォシュレットは電気製品であるため、基本的に水をかけて掃除することはできません。
また、アルカリ性や酸性の洗剤は、ウォシュレットのプラスチック部分を変色させる可能性があるので、中性洗剤を使用しましょう。

便座まわりの掃除

掃除用ティッシュや中性洗剤をしみ込ませた雑巾で便座やその裏、便器を拭き、濡れ雑巾で水拭きをします。
便座の裏側は特に汚れが付きやすいので、丁寧に掃除しましょう。

ウォシュレット本体を外す

ウォシュレット本体を外す前に、まずはコンセントを抜きましょう。
それから本体にある脱着ボタンを押し、手前に引いて外します。
便器と接していた面を掃除用ティッシュなどで拭き、汚れが落ちたらウォシュレット本体をスライドさせて元に戻します。
ウォシュレットの種類によって、脱着の仕方が違うため外す前に説明書で確認をしましょう。

ノズル掃除

一般的なウォシュレットには、ノズル部分を水で洗い流す自動洗浄機能がついていますが水流が弱く、簡単な汚れしか落とすことができません。
そのため、こびり付いた汚れを落とすためにきちんと掃除をしましょう。
ノズル部分は、掃除機能のボタンを押すと出てきます。簡単な汚れはお掃除ティッシュで拭き取り、しつこい汚れは中性洗剤を付けた歯ブラシでこすります。

また、ノズルの根元部分も忘れないように歯ブラシで掃除しましょう。きれいになったら、洗剤が残らないように水で流して終了です。

ウォシュレットに汚れをためないコツ

ウォシュレットは、普段から汚れをためないように掃除をすることが大事です。
市販のお掃除ティッシュなどを活用し、汚れが目に付いた時はサッと掃除すると良いでしょう。
また、ウォシュレットのお掃除機能をこまめに使うと、簡単な汚れはきれいに落ちます。ノズルだけでも毎日掃除をすると清潔さを保つことができるでしょう。

  ウォシュレットの基本的な掃除方法
  ウォシュレットは、意外と汚れがたまりやすく、目に見えない細かい部分まで掃除を行う必要があります。
汚れやすいポイントを抑えることで、無駄なくきれいにすることができますよ。
ウォシュレット掃除のポイントをマスターして、清潔に保ちましょう。


水回りでお困りの方はお気軽にお問合せください。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP