シャワーヘッドを節水タイプに交換するメリット

シャワーヘッドを節水タイプに交換するメリット ご家庭での節約方法として、節水シャワーヘッドを利用しているところも多いでしょう。ここでは節水シャワーヘッドの仕組みや、メリットをおさらいします。デメリットや、上手な選び方もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

節水シャワーヘッドの仕組みは?

節水シャワーヘッドとは、穴の数を減らしたり、穴を小さくしたりすることで水の使用量を減らしたシャワーヘッドのことを指します。ただ、これだけでは水の量が少なくなってしまうため、水圧を高める工夫が施されているのが特徴です。こうすることで、水の使用量を減らしつつ、汚れや泡をしっかりと流せるようにしているのです。

節水シャワーヘッドのメリット・デメリット

節水シャワーヘッドのメリットは日頃目に見えて感じにくいもの。しかし、通常のシャワーヘッドに比べるとさまざまなメリットが得られます。

節水シャワーヘッドのメリット

節水シャワーヘッドのメリットは次の3つです。

・節水ができ、水道代が節約できる
・節電やガス代の節約にもつながる
・商品によっては水圧や噴射方法の切り替えができる場合も

節水シャワーヘッドを使うと、30~50%の節水につながります。
1分間あたりのシャワー使用水量は、平均9Lといわれています。仮に毎日10分シャワーを利用する場合、90L×365日=32850Lもの水を使用することに。しかし節水シャワーヘッドで30%節水ができれば、約23000Lに抑えられます。10000L近い水が節約できるのであれば、水道代やお湯を沸かすガス代、電気代の節約にもつながりますね。

また、商品によっては水圧を変えてマッサージに使ったり、霧状に噴射できたりするものもあります。もともとのシャワーヘッドにはない機能が使えれば、バスタイムがますます便利になるでしょう。

節水シャワーヘッドのデメリット

節水シャワーヘッドのデメリットは、水圧や水量が少なくなる点です。特に冬は、流れてくるお湯の量が少ないと寒く感じるでしょう。そうなると常にシャワーを出しっぱなしになり、結果として節水にならない……なんてことも。
水圧が弱くなるのが嫌な場合は、しっかり水圧がキープできるシャワーヘッドや、調整ができるものを選びましょう。

節水シャワーヘッドを選ぶときのポイント

節水シャワーヘッドにはさまざまな商品があります。その中から自分に合うものを選ぶには、機能面を重点的にチェックすると良いでしょう。

水圧を色々変えたい場合は、「水圧調整機能」があるものを

小さな子どもから大人まで同居しているご家庭には、水圧調整機能がある節水シャワーヘッドがおすすめです。このタイプなら子どもに使うときは低水圧にしておき、大人が肩こり解消目的でマッサージをするときは高水圧に切り替える……といったこともできます。

敏感肌の人は「塩素除去機能」があるものを

シャワーヘッドには、内側にあるカートリッジで水道水の塩素を除去できるタイプもあります。肌への刺激がマイルドになるので、敏感肌の方にぴったりです。

蛇口の開け閉めが面倒な人は「止水ボタン付き」を

水栓レバーをいちいち操作するのが面倒な人には、止水ボタン付きのシャワーヘッドがおすすめです。大人はもちろん、赤ちゃんやペットの体を洗うときにも便利です。

美肌を目指したい人は「ミストシャワー機能」ありのタイプを

女性に人気なのが、ミスト状の細かな水を噴射できるシャワーヘッドです。節水しながら肌の汚れを落としやすくしてくれるので、美肌を目指したい人におすすめです。

毎日使うからこそ効果大! 節水シャワーヘッドを活用しよう

シャワーは毎日使うもの。だからこそ節水シャワーヘッドに切り替えれば、意識しなくとも節約ができます。節水シャワーヘッドは自分で交換することもできますが、水道業者にお願いしても交換してもらえます。まだ使ったことがない方は、節水シャワーヘッドを試してみてはいかがでしょうか。


水回りのトラブルでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP