ベランダの排水溝の詰まる原因は? 掃除のポイントを紹介

ベランダの排水溝の詰まる原因は? 掃除のポイントを紹介屋外に位置し普段目につかないため、知らず知らずのうちに汚れてしまいがちなベランダ。排水溝にゴミや汚れが溜まってしまうと、大雨の際にベランダに降り込んだ雨水が屋内に浸水してしまう危険性もあり、注意が必要です。
そこで、ベランダの排水溝が汚れやすい原因を解説し、排水溝の掃除方法と詰まりを予防するポイントについて紹介いたします。


ベランダの排水溝が詰まる原因とは? 

基本的にベランダは、屋外であるため雨や風に混じって木の葉や砂埃、ゴミなどが溜まりやすい場所です。特に秋冬の枯葉が舞い落ちる季節や台風の時期などは、ゴミが溜まりやすい傾向があります。また、ベランダで植物を育てていると、枯れて落ちる花びらや葉、プランターから流れ出る土によっても汚れてしまいます。 こういったものが次第に排水溝に溜まり、雨水と混ざって泥汚れとなり、それが乾燥してこびりついていくことで、排水溝の詰まりが起きているのです。


ベランダの排水溝の掃除方法

ベランダの排水溝には、雨水と一緒にゴミなどが排水管へ流れ込まないよう、網状の目皿などのカバーが取り付けられているのが一般的です。 掃除の際は、まずカバーの上に溜まった汚れを取り除きましょう。排水溝周りの細かい汚れは、細かくちぎって濡らした新聞紙と一緒に掃くとキレイになります。 次に、カバーを外せる場合は外して中の汚れを掃除します。スコップなどで大きな汚れをかき出した後、たわしやブラシ、ワイヤー状のパイプクリーナーなどでこびりついた汚れを落としていきます。 汚れが落ちにくい場合は、重曹とクエン酸を使うと効果的です。まずは溝に重曹をまんべんなく振りかけ、その後小さじ1杯のクエン酸を水500mlで薄めたクエン酸水を、少しずつ流し入れていきます。重曹とクエン酸との反応で出来た泡が、頑固な汚れを浮き上がらせてくれます。ブラシやメラミンスポンジなどを使って擦りおとし、最後に水ですすぎましょう。


排水溝の詰まりを防ぐポイント

排水溝の掃除は、季節の変わり目にあわせ3ヶ月に1回程度の掃除をおすすめしますが、お掃除を楽にするような工夫をしておくとよいでしょう。ベランダの排水溝に汚れを溜めないようにするためには、ベランダの汚れが雨水とともに排水溝へ流れてしまうのを防止することが大切です。
そのためには、排水溝のカバーを細かい編み目のものに交換したり、カバーにフィルターを取り付けたりするのが効果的です。ベランダで植物を育てているのなら、土が流れ出しにくいプランターを使ったり、枯れ落ちた花びらや葉が排水溝付近へ行かないようにプランターの配置を考慮したりしましょう。また、ベランダに物がたくさん置いてあると、掃除がしにくく汚れも溜まりやすいので、不要なものはなるべく処分することをおすすめします。
ベランダの排水溝の汚れは、放っておくと家を傷める原因にもなってしまいます。定期的なお掃除とともに、排水溝に汚れが溜まらないように日頃から注意しておきたいものですね。


水回りのトラブルでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP