1ドア2ロックで安心! 「補助錠」のメリット

1ドア2ロックで安心! 「補助錠」のメリットみなさんは空き巣などの防犯対策で、何かしていることはありますか?
今回は玄関ドアの防犯性を高めるために、ひとつのドアに主錠とは別にもうひとつ補助の鍵「補助錠」を取り付ける「1ドア2ロック」についてご説明いたします。
また、補助錠を取り付けることで得られるメリットもご紹介します。


1ドア2ロックとは?

1ドア2ロックとは、文字どおりひとつのドアに鍵を2つ付けることをいいます。主錠のほかにもうひとつ取り付ける錠前のことを「補助錠」といい、この補助錠を取り付けることで防犯性を高めることができます。
最近では補助錠がすでに設置されている戸建やマンションも増えてきているので、馴染みのある方も多いかと思います。しかし、その補助錠はきちんと活用できていますか? 鍵を2つかける面倒さゆえに、せっかく補助錠が付いていても使っていないという方も多いのが現状です。
すでに補助錠が付いているお住まいの方も、これから取り付ける予定の方も、今一度補助錠を取り付けることで得られる防犯上のメリットを確認してみましょう。

補助錠を取り付けるメリット

空き巣に狙われにくい

まず一番のメリットは、補助錠を取り付けているだけで空き巣に狙われにくい、ということです。
空き巣は侵入に5分かかると70%、10分かかると90%が犯行を諦めるといわれています。補助錠を取り付け1ドア2ロックにすることにより、侵入に要する時間も2倍かかることになります。そのため、空き巣は補助錠が付いているのを確認すると、それを見ただけで侵入に時間がかかると判断し、侵入を諦めることがあります。また、空き巣は「補助錠のほかにも何か厳重な防犯対策をしているかもしれない」と考え、補助錠の付いている家をターゲットから除外する傾向もあります。

不正解錠を阻止することができる

補助錠を取り付けていると、不正解錠を阻止することもできます。
空き巣はピッキングやサムターン回しなどで不正解錠をしますが、鍵が2つ付いていると不正解錠にも2倍の時間がかかりますよね。玄関先で長時間不審な動きをしていると、近所の人から通報されるリスクがあるため、ピッキングを始めたものの時間がかかると判断した場合、侵入を途中で諦めるケースがあるのです。

補助錠を取り付けて防犯性を高めよう

補助錠を取り付けることにより、防犯性が高まるというメリットがあることがわかりましたね。
玄関ドアに穴を開けて補助錠を設置する場合は、鍵業者に依頼するとスムーズです。賃貸物件にお住まいの方は大家さんの許可が必要になるので、一度確認してみてくださいね。
補助錠は穴を開けて取り付ける一般的なキータイプのほか、オートロックシステムを使ったタイプのものもあります。オートロックタイプはドア穴に加工する必要がないものもあり、原状回復が簡単なため賃貸でも取り付けることが可能です。また、キータイプの場合には開け閉めが面倒というデメリットがありましたが、オートロックシステムを導入することにより解決しますね。
1ドア2ロックで安心! 「補助錠」のメリット補助錠を取り付けることで、確実に防犯性は高まります。
すでに補助錠が付いているお住まいの方はしっかりと2つロックするようにして、補助錠をまだ取り付けていない方は、一度取り付けをご検討されてみてはいかがですか?


鍵のことでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP