ドアノブにはどのような種類がある? それぞれの特徴について

ドアノブにはどのような種類がある? それぞれの特徴について開き戸や折戸にはさまざまなドアノブが付いています。ドアノブにはさまざまな形がありますが、いったいどのような種類があるのでしょうか?
さっそく、ドアノブの種類やそれぞれの特徴をチェックしてみましょう。


ドアノブの形と種類の違い①:握り玉式

ドアノブには大きく分けて、丸い形の「握り玉式」と「レバー式」の2種類があります。

円筒状のドアノブを回してドアを開ける「握り玉式」は、室内や勝手口のドアなどによく使用されます。そこからさらに「チューブラ錠」「シリンダー円筒錠」「インテグラル錠」など、錠の種類で細分化が可能です。

チューブラ錠

室内ドアによく使われるチューブラ錠は、穴を開けるだけで比較的簡単に設置できるのがメリット。設置部分にネジ留めがある場合チューブラ錠と見分けられます。
施錠できるタイプのチューブラ錠は、鍵を閉めるとラッチ(ドアを枠に固定する部分)が動かないようになります。

シリンダー円筒錠

シリンダー円筒状は、ドアの外と内の両方から施錠・開錠ができます。台座や握り玉の根元に小さな穴がある場合はこのシリンダー錠と判別できます。施錠時はラッチが固定されてロックがかかる仕組みです。
施錠・解錠をプッシュボタンでおこなうため手軽ですが、防犯性は高くないため、外のドアには向いていません。

インテグラル錠

ドアを固定するラッチの上に、デッドボルトと呼ばれる施錠用の部品が付いているものを「インテグラル錠」と呼びます。主に勝手口で使用されているドアノブです。

表示錠

表示錠は施錠中かどうかが小窓の色で判断できるドアノブで、トイレに使われることが多いです。


ドアノブの形と種類の違い①:レバー式

レバー式のドアノブは、握り玉に比べて軽い力で開けられるのが魅力。また、高齢のご家族に手をひねる動きが苦手な方がいる場合も、レバー式のほうが使い勝手が良くおすすめです。

レバー式にも握り玉式と同じく「チューブラ錠」「インテグラル錠」「表示錠」があり、基本的に内部の構造は大きく変わりません。チューブラ錠はラッチのみ、インテグラル錠はデッドボルトがあるというのも同じです。
ちなみに表示錠はドアノブ本体ではなく、台座に表示板(施錠・解錠を判別する部分)が付いています。

ここでは、レバー式ならではの錠の種類をご紹介します、

シリンダー錠

シリンダー錠はドアノブの支点となる部分に鍵穴が付いているのが特徴です。チューブラ錠やインテグラル錠にシリンダーが付いているものと言い換えてもよいでしょう。

樹脂製ハンドル

レバー式には樹脂製のドアノブもあります。金属に比べると耐久性は高くありませんが、サビる心配がないため、浴室など湿気の多い場所に使われます。

自動施錠錠

レバー式のドアノブには、自動施錠タイプのものもあります。ドアが閉まると勝手に施錠してくれますので、鍵の閉め忘れを心配する必要がありません。


ドアノブの場所や使い勝手を考えて種類を選ぼう

ドアノブには数多くの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。最近の住宅では使い勝手を重視して、握り玉式からレバー式へとリフォームする方も少なくありません。その一方で、注文住宅などではデザイン性を重視し、あえてアンティークな握り玉タイプを設置するご家庭もあります。

ドアノブを選ぶ際は、ドアの場所や使い勝手、防犯性などを考慮して選ぶと失敗が少ないですよ。


鍵のことでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP