指紋認証式の鍵は便利? 玄関に導入するメリットを解説

指先の指紋を使って鍵を開けられる指紋認証。スマートホンへの搭載など身近な存在になりつつあり、住宅の玄関に指紋認証式の鍵の採用を検討される方も増えてきました。
そこで、指紋認証式の鍵はどのように便利なのか、メリットを詳しく解説いたします。


指紋認証式の鍵とは

指紋認証式の鍵とは、指先の指紋の形状を押し当ててスキャンすることで、個人を特定し開錠できる鍵です。生体認証のひとつで、解除用の指紋を事前に登録しておき、登録されている指紋の形状のみに反応します。
現在では、壁に穴をあける配線工事が必要な「電気式」のほかに、配線工事が不要で既存のドアへの設置が可能なものも出てきています。


指紋認証キーのメリット

外出時に鍵の携帯が不要

指紋認証キーのメリットとしては、やはり外出時に鍵を持ち歩く必要がない点が挙げられます。
外出時の鍵の携帯は、慣れていても面倒だと感じる人も多いのではないでしょうか。鍵の携帯には、紛失しないよう常に貴重品として気を配り、帰宅時には玄関前で荷物を抱えながらバッグの奥底から引っ張り出す、といった手間が必要です。しかし指紋認証キーでは、そういった一連の手間からすべて解放されるのです。
また、鍵を持ち歩かないので鍵の紛失も起こらず、鍵の紛失によるシリンダー交換の必要性もありません。子どもに鍵を持たせることもなくなり安心です。

高いセキュリティー性

指紋の形状は、個人特有の形状であるため、自分の指紋を登録すれば、指が世界で1つだけの自分専用の鍵となります。鍵の盗難にあったり暗証番号を知られてしまったりすることもなく、他人に開錠される心配がありません。
また、指紋認証キーには鍵穴がないため、ピッキングの被害に遭うリスクがなく、防犯効果が非常に高いといえるでしょう。

合鍵を作る必要がない

合鍵を作る必要がない点も、指紋認証キーの便利なところです。例えばホームヘルパーの方など家族以外が出入りする場合でも、合鍵を渡す代わりに指紋認証を登録する方が、安心感があります。また、合鍵作成にはコストがかかります。指紋認証は最大100人分程度までの人が登録できるので、大勢の人が出入りするケースでも、指紋認証キーなら合鍵作成のコストがかかりません。メリットが多い指紋認証式の鍵ですが、指をケガしたり荒れてしまっている時など、うまく反応しない場合があります。しかしそのような時でも、多くの指紋認証キーには暗証番号やカードキーなどの補助機能がついているので安心です。万が一に備えて、指紋以外での開錠方法も準備しておくと良いでしょう。


鍵のことでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP