ロイヤルガーディアンってどんな鍵? メリットは?

ロイヤルガーディアンってどんな鍵? メリットは?皆さんは「ロイヤルガーディアン」という鍵をご存じですか? この鍵は独自の構造を持っており、防犯性の高さなど優れた点が多い鍵なのです。
そこで今回は、ロイヤルガーディアンがどんな鍵なのか特徴を解説するとともに、家の鍵をロイヤルガーディアンに替えるメリットをご紹介します。


ロイヤルガーディアンの特徴は?

ロイヤルガーディアンは「株式会社トーショウビルサービス」が製造・販売している鍵で、一般家庭の玄関ドアとして利用されています。このロイヤルガーディアンは、独自の内部構造により防犯性がとても高いことで知られているのです。

安全性が高いのが特徴

ロイヤルガーディアンは世界で初めて「デッドロック機構」を採用した鍵です。具体的にはノブの内部に複数のダイヤル型を埋め込むことで、鍵とダイヤルの凹凸が正確にはまらないとサムターンを回せないよう工夫されています。

また、万が一ピッキングされたとしても内筒の回転をロックし、不正解錠を防ぐ機能が付いています。ピッキングの証拠が残るだけではなく、時間をかけてもピッキングができないようになっているのです。
その他には、特殊工具を侵入させて解錠する「カム送り」への対策もおこなわれています。

バンピングをも阻止する防犯性

「バンピング」とは、バンプキーという特殊なキーを用いて不正解錠をおこなうことです。キーさえ合えば誰でも解錠できてしまうため、近年増加している犯罪の手口です。
ロイヤルガーディアンのデッドロック機能は、このバンピング対策にも対応しています。仮にバンプキーで不正解錠をしようとしても、シリンダーが回らないどころか鍵そのものが抜けなくなるため、証拠が残るのです。

鍵穴が破壊できない

ロイヤルガーディアンの鍵穴や内部ピンには超硬質の金属を使用しています。そのため、鍵穴をドリルで開けて物理的に破壊しようとしてもできないようになっているのです。


ロイヤルガーディアンのメリットとは?

家の玄関の鍵をロイヤルガーディアンに交換すると、どのようなメリットがあるのでしょうか? 先述の特徴を踏まえながらチェックしてみましょう。

防犯性が高まる

ロイヤルガーディアンの最大のメリットは、防犯性が高まるという点でしょう。強固な堅牢性と突破しにくい構造ゆえ、不正解錠による被害を防げます。
また、万が一侵入を試みても証拠が残りやすいので、犯人の逮捕・更なる被害防止策が打ちやすくなるという利点もあります。

合鍵が早く簡単に作りやすい

ロイヤルガーディアンの鍵は1本ごとにIDナンバーがついています。このIDを利用すると、鍵を紛失した場合でもすぐに合鍵が作れるのがメリットです。合鍵作成は24時間いつでも対応してくれるので、「ずっとドアが開けられない……」ということもありません。

鍵IDは購入時に渡される登録カードに記載されていますし、鍵を無くしたときの緊急連絡先はシリンダー部分に刻印されているので、鍵を無くしてもすぐに連絡できます。サポート体制が万全なので安心して利用できるのは大きなメリットです。

合鍵作成時に色分けが可能

ロイヤルガーディアンの合鍵作成時には、全17色から好きな色を選ぶことができます。家族それぞれが合鍵を持つ際に区別しやすくなるため、「誰かの鍵を間違えて持ってきた」などのトラブルが防げます。


防犯性を重視するなら、ロイヤルガーディアンを検討しよう

ロイヤルガーディアンは防犯性・安全性の高さや、合鍵作成などのサポート面が充実している鍵です。ただし、鍵が交換できるかどうかは、現在使っている鍵メーカーや型番によって異なります。
自宅玄関の鍵をロイヤルガーディアンに交換したい方は、鍵業者さんに相談してみましょう。


鍵のことでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP