バイクの鍵を無くしたとき、どうすればいい?

バイクの鍵を無くしたとき、どうすればいい? 「バイクの鍵をヘルメット入れの中に入れたまま閉めてしまった」「どこかに落としてしまった」など、バイクのカギに関するトラブルは少なくありません。このように困った事態になった場合、どうすればよいのでしょうか。
ここではバイクの鍵を無くしてしまったときの対処方法をご紹介します。

バイクの鍵を無くしやすいシーン

「バイクの鍵を無くした!」という状況では、次のような原因で鍵の行方が分からなくなっている場合が大半です。

・普段使わないバッグ、ポケットなどの中に入っている
・メットイン(ヘルメット入れ)に閉じ込めてしまった
・どこかに置き忘れた、または落とした

1つめの原因の場合、バイクの鍵自体は紛失していませんので、しらみつぶしに探せば必ず見つかります。
しかし2つめ、3つめの原因の場合は、鍵開けの依頼や合鍵の作製が必要になるケースがほとんどです。

バイクの鍵を無くしたときの対処法は?

バイクの鍵を探しても見つからない場合は、無くしたものとして対処するのがベスト。

メットインに閉じ込めてしまった場合

メットインの中にバイクの鍵を閉じ込めてしまった場合は、JAFまたは任意保険のロードサービスに依頼して開けてもらう方法があります。JAFでは会員になっていると無料で開けてもらえますが、非会員の場合は約13000円~17000円程度の費用がかかるので要注意です。また、その他には鍵業者を呼ぶ方法もあります。

なお、メットインの鍵(鍵穴)には「独立タイプ」と「エンジンキーと兼用になっているタイプ」があります。古いバイクはメットイン独立タイプの鍵が多く、新しいバイクは後者のエンジンキー兼用タイプが多いです。前者の場合はメットインのみの鍵開けで済むため、業者に依頼すれば簡単に解錠ができます。一方エンジンキー兼用タイプの鍵は、開けるのに専用の技術が必要になるため、鍵開け費用が高くなる傾向にあります。

バイク屋に鍵作成を依頼する

鍵を作る必要がある場合は、バイク屋に依頼するのもひとつの方法です。鍵作成にはキーシリンダー番号が必要になりますが、確認するには部品を分解する必要があります。そのため手押しでバイクを移動させなければいけません。また、バイク屋で鍵を作る場合は比較的安い値段で依頼できますが、鍵が届くまでに1~2週間の期間が必要になる点も要注意です。

鍵業者に依頼する

出張可能な鍵業者であれば、バイクを置いている場所に駆けつけてくれて、鍵開け・鍵作成をしてもらえます。それぞれ相応の費用はかかりますが、作業前に見積もりをして値段を教えてもらえるので安心です。

鍵業者は電話すれば迅速に対応してもらえるのも魅力です。鍵作成もバイク屋に比べると早く終わるケースが多く、「バイクを置きっぱなしにするのはちょっと……」という方にも向いています。
また、鍵業者の中には最新のイモビライザーキーにも対応可能なところもあります。もしものときのために、鍵業者の連絡先を控えておくと安心です。

バイクの鍵を無くしたときは鍵業者にお願いするのが吉

バイクの鍵を閉じ込めてしまったり、無くしたりしたときは、どうしても焦ってしまうもの。しかし無理にメットインをこじ開けようとしたり、鍵の代用品で開けようとしたりすると故障の原因になってしまいます。
そのようなときは無理にこじ開けようとせず、落ち着いて対処しましょう。一刻も早く解決したいときは鍵業者に依頼し、合鍵を作ってもらうのが一番の近道ですよ。


鍵のことでお困りの方はお気軽にお問合せください。


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP